ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷみっちょの足のサイズは11.5cm前後。
足首がやわらかくて、立っちするとグラグラして不安定だから、靴はしっかりしたタイプのものを準備してあげてと、PT(理学療法)の先生から言われていた。
足底板(足の補正に使われる中敷きのようなもの)を作るのは、あんよできるようになってバランスを見てからでもいいかもということだったので、ひとまず市販の靴を探すことにした。
先生いわく、足首を支えられるハイカットのもの、カカトがしっかりしているもの、土踏まずがきちんとあるもの、ヒモでしっかり固定できるもの等だそう。しかし、12cm未満のサイズでは、なかなか見つけられなかった……。おまけに足幅もとっても細いしさ。
しつこい性格なので探し続けていたら、外国製の靴を扱うシューフィッターのいる店を発見。子ども用のしっかりした靴もあるというので行ってみたら、ありました~! 探していたタイプの靴が。試しに履かせてみたら、ぷみっちょの立っちの安定感が断然違う。足首のグラグラ感が軽減されている感じがした。1年くらい前からずっと探していたこともあり、お値段にビビリながらも(ちなみに仏製。ぜいたくなぷみっちょの足)思わず購入してしまったー。
この靴が本当にいいかどうかはわからないし、そこまで必要かどうかもなんとも言えない。オススメというわけではないけれど、もしかしたら参考にはなるかもということで紹介しました。

※「この靴もいいよ~」情報ありましたら、お待ちしています♪

↓写真をクリックすると大きな画像が見られるようです(画像upの仕組みがよくわからず、体裁よく並べられないのが残念……)

Aster揃った状態低

Aster土踏まず低

Aster靴底低

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。