ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌う♪ぷみっちょ

年中さんになって歌えるようになった、ぷみっちょ。
ちょっと調子っぱずれだけど(私もそうだから、ぷみっちょのことは言えないけど~)、
保育園で覚えてきた歌や、水戸黄門のあの有名な主題歌を歌っている。
だいたいワンフレーズを繰り返し歌う感じなんだけど、
「人生楽ありゃ~♪」のほうは「歩いていくんだ~」あたりまで歌えるようになったので、
おぉ、成長♪

スポンサーサイト

熱意は伝わるけれど

ぷみっちょ、ジェスチャーや単語を駆使して、意思を伝えることが上手になってきた。
自分のお口を指さしながら、「ちゃ、ちゃ(お茶)」「ぎゅーうにゅー(牛乳)」「バーア(バナナのこと。無理あり?)」「パン、パン(これはパン!のこと)」とかは、ばっちりOK伝達力抜群。「んっ、んっ」とオムツを指さしながら、たまに教えてくれるトイレもよーくわかる。
でも伝える内容が複雑になると……、???なのである。
だいたい長広舌をふるっている時は、何をしてほしいのかまったく検討がつかない。このこと? あのこと? とぷみっちょのわかる単語をまじえて話しかけるのだけど、違う違うと首をふってはすべて却下。それでも口を尖らしながら、必死に訴える。熱意は伝わるんだけどね。
それにしても、いつもわからずじまいで気持ち悪い。
ぷみっちょも伝わらなくて、消化不良?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。