ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コマが回せるようになった!

なんとコマが回せるようになりました~。
保育園のときからコマ回しをする機会はあったのだけど、
できなかったのでしょうね、興味を示さなかったぷみっちょ。
学童ではコマ検定なるものが定期的に催され、
学童にいる間中、コマ回しに明け暮れる男子が多い中、
やっぱりやりたがらなかった。
できないものには手を出したがらないので(たぶんプライドが許さないから)、
私もやらないだろうなぁと思っていました(できなそうだもんな)。
しかし、ほかの子どもたちがいないときに(←ここがポイント)、
学童の先生が誘ってくれたみたいで、
ちょっとやってみたらなんと回ったらしいんです。
何度かやってみたら、失敗もするけど成功することもあって気をよくしたぷみっちょ。
今ではみんなといっしょにコマ回しをしているそう。
そしてコマ検定にでるとはりきっています。
自分で紐をコマにまいて回すのだから、すごいなぁと感心しました。
できないと決めつけて、ごめんなさいって感じです。
「ぼく、すごいでしょ!」とぷみっちょ。
「本当にすごいね。母さん、びっくりしたよ」と言うと、うれしそうでした。
できるとうれしいし、楽しい。
ほめられると、またうれしい。
大切なことですね。



スポンサーサイト

笛で動く電車

オットが笛(ホイッスル)で動く電車を買ってきた。これは一応ぷみっちょ用らしい。というのは、オットが買ってくるのは自分用のオモチャがほとんどだから、見極めが難しいのだ。それにしても、食玩やガチャガチャなどの小物を入れれば、1日1個以上の勢いで増殖してるオモチャたち。お小遣いをオモチャと本にほとんど注ぎこんでるんだもの、好きだねぇと感心してしまう。
そうそう、笛で動く電車は、ぷみっちょ、気に入ってずっと遊んでいた。
ピーッ! と笛を吹くと前進、次のピーッ! で停止、3回目のピーッ! で後進。前進、停止などはわかっていないようだけど、笛を吹くと電車が動くということは理解して、電車に向けて一心に笛を吹いていた。一気に強く息を吹きこまないと笛が鳴らないので、口の機能を使う練習になるのでいいかも~。ぷみっちょの吹く笛は、どこか息が抜けたようなヒューゥという音だけれど、近くで吹けば電車は動くし、何回も何回もチャレンジするぷみっちょ。
これは、なかなかいいねぇ、オット♪

好きだねぇ

ぷみっちょは乗れる車のオモチャに目がない。
車をみつけると、他には目もくれずタッタッタッとハイハイで近づいていき、ハンドルにつかまって立っち、足をそろそろと上げて乗車する。
よほど好きらしく、段差に車ごとつまづいて転げ落ちても、また乗る。でんぐり返しで前に転がった時は見ていた私がびっくり! したけど、また乗ったからまたまたびっくり。
こんなんだから、乗ったら最後なかなか降りてくれない。
療育施設にもあって、40分間あるPT(理学療法)を車上でやり過ごしたことは数知れず……。好きだねぇ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。