ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真似するぷみっちょ

子どもは真似をしながら、いろいろなことを覚えていくという。
ぷみっちょも少しずつ覚えている。
熱い食べ物をフーフーしてあげたら、同じくフーフー。(たまに冷たくてもするけれど)
お風呂で頭を洗うのを見て、髪の毛を両手でクシャクシャ。
最近は、くしで髪の毛をとかす、顔にクリームをぬる、リモコンでチャンネルを変えるなどを覚えた。
真似してほしくないことも当然ある。
「アーン」とご飯をあげながらケータイに出てしまったら、早速ケータイ貸してとぷみっちょ。
ケータイを耳にあてながら食べようとしている……。
そんなことは真似しないのよ、ぷみっちょ君。
大きくなったら足で戸を開けたりしてー。誰の真似かは内緒。

スポンサーサイト

新聞が読めません

座敷で新聞を広げて読んでいるのをぷみっちょ君がみかけると、ピコン! という顔をしてタッタッタッとハイハイで寄ってくる。
そして、おもむろに新聞のど真ん中に横たわる。
ガッ、それでは新聞が読めません。
そういえば昔実家で飼っていた猫のミーちゃんも「かまってー」っと、同じことをよくやった。
でもぷみっちょの笑いをこらえきれないという様子の横顔から察するに、「どうだー新聞読めないでしょー、エヘ」的なところがあるので、ミーちゃんよりもちょっと高度な? 働きかけなのは間違いない。

好きだねぇ

ぷみっちょは乗れる車のオモチャに目がない。
車をみつけると、他には目もくれずタッタッタッとハイハイで近づいていき、ハンドルにつかまって立っち、足をそろそろと上げて乗車する。
よほど好きらしく、段差に車ごとつまづいて転げ落ちても、また乗る。でんぐり返しで前に転がった時は見ていた私がびっくり! したけど、また乗ったからまたまたびっくり。
こんなんだから、乗ったら最後なかなか降りてくれない。
療育施設にもあって、40分間あるPT(理学療法)を車上でやり過ごしたことは数知れず……。好きだねぇ。

寄り添ってあげたい

少しずつ以前のことをブログに書こうと、2005年の手帳をめくっている。
最初のころは、せっぱつまっていたよなぁと少し切なくなる。
「赤ちゃんががんばっているのに、お母さんががんばらないでどうするの?
いつまで泣いているの!(あたりはばからず、ずっと泣いてたから。)」と言われた。
おいおい、それは禁句だろう? とツッコミを入れたかったが、
当時の私には気力も余裕もウィットも? なかった。
赤ちゃんじゃなくて、私がかわいそうで、辛くて、悲しくて、心がしめつけられるように痛いんだよぉと。
たった2年しか経っていないけれど、今はもうそんなふうに思わない。
言い古されたことばだけれど、どんな傷でも必ず癒えるのがわかったから。
ただそっとあの頃の私に寄り添ってあげたい。

ボクもいじりたい

フタを開けたり閉めたり、ついでに中身を出したりするのがぷみっちょのマイブーム。
隙あらば何か開けて中身をまけてやろうと、虎視眈々と狙っています(たぶん。母の想像)。
母がうっかりいろんなものをテーブルに置きっぱなしにしてしまうので、
随分いろんなタイプのフタが開けられるようになりました……。
ガッ、コショウは新聞にパラパラしないでねっ!
ガッ、テーブルに唐辛子のお山はつくらないのよっ!
ガッ、なんで醤油の水たまりが?!
ガッ、畳にお砂糖ばらまかないでーっ! ありんこさん来ちゃうよ(涙)
ガッ、タバスコの瓶に指つっこまないーーーっ!
ガッ、ペットボトルのお茶々をコップに注ぐのはまだ無理よーーーっ!
ガァーーーッ、ぷみっちょ君、なんで蜂蜜を座布団とかズボンにたらしてる?
ぷみっちょ君いわく「あーあっ」だってさ……、とほほ。
よく見てるなぁ、上手に開けるなぁ、ボクもいじりたいんだなぁと感心する母でした。

家族構成

ぷみっちょは我が家の箱入り一人息子です。
収集癖のある父と、ちょっとぐうたらな母みぃとの3人家族。
家の近くには母の実家があり、じいちゃん、ばあちゃん、ひいばあちゃん、おじちゃん(みぃの3番めの弟)が住んでいて、結構遊びにいきます。ぷみっちょは、猫っかわいがりしてくれるひいばあちゃんが大好き。ひいばあちゃんも人なつっこいぷみっちょがかわいくてならない様子です。
数時間かかる父の実家に行くと、じいちゃん、ばあちゃん、おじちゃん(父の2番めの弟)に会えます。遊びに行くと、一緒に住んでいる中型犬2頭(ふつうに大きいのに室内にいる)にずっとつきまとって、犬に迷惑がられています。

ブログを始める

2005年1月18日に生まれた息子ぷみっちょは、
生後1カ月でプラダー・ウィリー症候群(PWS)と診断されました。
初めて聞く障害への不安に押しつぶされそうな日々の支えになったのは、
同じ障害のある子が登場するブログでした。
今も成長を楽しみに読み続けています。
当たり前だけれど、障害は同じでもみんなそれぞれ違う。
いろんな子どもの成長を知るっていいなぁと、私も! ブログを始めることにしました。
ぷみっちょはやんちゃ盛りの2才2カ月、
成長の記録をかねて、日々のこと、これまでのことを少しずつ書いていこうと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。