ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの傷は健在

2カ月半くらい前の虫さされあとがなおりません……。
ご丁寧にも毎日かかさずかきむしるので、いつも生々しい傷です。
眠いときとか、車に乗っているときとか、朝起きたときとか、とにかくボーッとしているときに丹念に掘り下げている。
傷テープを貼っても今度はそれが気になる様子。
結局はがしてしまい、傷をかきまくる、はぁー。
かゆいのもあるかもしれないけれど、とにかく気になるという感じ。
痛いと思わないのが問題なんだなと思う。
奇跡的になおっても、あとになりそう。
つけたらすぐに傷が跡形なくなおる薬がほしい。

スポンサーサイト

熱性けいれん

みるみる間にぷみっちょの体が熱くなったぞ!? と思っていたら、ビクッ。
ん? 何? と思ったら、ビクビクッ、ビクビクビク……と、ぷみっちょが体をひきつらせ始めた。ただグットタイミング(?)なことに病院で診察中だったため、すぐさま先生に診てもらえたのであわてずに済んだ。
発熱時に起こったもので、時間も3分程度で、手足なども左右対称にけいれんしていたことから、心配なものではないでしょうとのことでよかったー。
けいれんが起きたら、どのくらい続いたか、どんな様子のけいれんかなど、あわてずに観察することだそうです。ゆすったり、口に何かはさんだりなどはしないようにとのことでした。
それにしても、朝から、ちと静かだなとは思っていたが(熱はなかった)、検査のためにいった病院だったので、プチ具合が悪い分にはちょうどいいわなんて思っていた私がいけなかった。
ごめんよ、ぷみっちょ。
でも、けいれん後、けいれん予防の座薬「ダイアップ」を処方されしばらく寝てくれたので、CTと骨密度はばっちり検査してもらいました……(鬼母?)。

ぷみっちょは元気

オットが発熱して寝込んでいる。
ぷみっちょは私とお出かけしても、帰るとオットがいるので新鮮で嬉しそう(いつもはいないシチュエーション)。
かなりハイテンションで「ウキャー」(最近、妙に歓喜の声を上げるようになったような…)とか言ってオットに襲いかかったりする。
夜は寝込んでいるオットの真似をしたくて、冷タオルを頭にのせたいと、額を指さしてアピール。タオルをあげたら額にのせていました。
ところが今度は、タオルが気になっていつまでも眠らない。
そこで「お人形さんに冷たい冷たいしてあげたら?」と言ってみると、ちゃんと人形の額にタオルをのせてあげて、やっとねんね。
めでたし、めでたし。

お手伝い

じいちゃん、ばあちゃんちでの夕食風景。
ぷみっちょもお手伝いで忙しい。
まず食卓に、ひいばあちゃんを呼ぶ。
立ち上がって手招きをしながら「ばーちゃん、おいでー」。
やれやれとばかりに「よいしょっ、よいしょっ」とイスに腰を下ろしたかと思うと、
おっビール! と、おじちゃん(私の弟)が飲み始めたビールに気づき、
手酌させてすまんねとばかりに、お酌に立つ。
「箸とってー」というじいちゃんの声にぷみっちょ「!」。
こりゃこりゃ、気づかなくて失礼と、
えっと、これとこれかな? 同じ模様の箸をピックアップ。
その横でひいばあちゃんがご飯よそおうとすると、
おやおや、茶碗が必要だね。
と、またその横に用意された急須に気づき、
茶筒からお茶っぱを出そうする。
お茶は食後でいいよー。
次から次へと興味が移り、ウロウロと動き回るので、
こぼさないでよ、割らないでよ、やけどしないでよと、こちらはハラハラ。
ぷみっちょ、お願いだから座っていておくれ……。
それにしても生後1年の間は、
静かに寝ているだけのぷみっちょにもの足りなさを感じていたのだから、
勝手なものね~と自分を笑ってしまう。

「停留精巣」と「鼠径ヘルニア」

ぷみっちょは、精巣が陰のうに下りてこない「停留精巣」に加え、ももの付け根の皮下に腸がプックリ出てきてしまう「鼠径ヘルニア」を合併している。生まれたときから診てもらっている病院では、折を見て手術という感じだったので、いつ手術しようかな? とのんびり構えていた(すでに2才9カ月のんびりしすぎた感があるけれど……)。
最近そろそろと思い、小児泌尿器科の先生に診てもらったところ、ヘルニアを合併している場合は早く手術したほうがいいと聞いてびっくり! した。ヘルニアが出ている間は精巣の血流がにぶってしまい、精巣が壊死してしまうことがあるらしい。知らなかった……、コワイ。精巣はまだ2つとも確認できるから大丈夫と言われて安心したものの、「それは運がよかったんですよ」だってー、そうなんだ……。通常だと半年後以降の手術予約になるらしいところを、早くしたほうがいいと1カ月後の手術になった。これまで大事にならなくて本当によかった。
手術は11月下旬。無事に終わりますように。

ちょっとゴッツイお友だち

父さんのお下がりで兵隊さん(フィギュア)をもらったぷみっちょ。
タオルを布団がわりにかけて、「ねんねー、ねんねー」とトントンと寝かしつけたり、
足こぎの車にいっしょに乗せてドライブしたり、
おんぶしたりして遊んでいる。
頬に傷なんかあって、結構いかついコワイ顔しているけれど、別に気にならないらしい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。