ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まってて

「さて、お風呂に入ろうか?」と誘うと、
遊んでいたお人形に右手をかざして「まってて」と声をかけていた。
お人形に限らず、三輪車とか、お気に入りの雨合羽とか
物にも声をかけたりするから微笑ましい~。
というか、変わってる!?

スポンサーサイト

ちゃっかりさん。

保育園への道のりはぷみっちょがゆっくり歩いて10分くらい。
ちょうどよい距離だから、できるだけ歩いて通うことにしている。
ところが、入園式の日にずっと歩いて行ったのは幻だったのか!?
というほど歩かないぷみっちょなのだ。
玄関を出ると「えーん、ぅえーん」と明らかに嘘くさい泣き真似をして、
「あっこちてー(抱っこして)」と始まる。
通園リュックも背負わないと言う……。
ここまで歩いたら抱っこしてあげるね方式で、
ちょっとずつ歩かせるが、大半の行程は抱っこ。
そんなぷみっちょだが、角を曲がれば保育園が見える場所になると、
直前で腕からおりて、リュックを背負ってトコトコ歩く。
お母さんたちや先生に歩いてきてエライね~などと言われて、
うれしそうにしている。
もう、ちゃっかりさんなんだからー。

タタタタターッ

お迎えにいったら、
タタタタターッとかけよってきて、
ピョンと抱きついてきた。
そしてギュウーッとしがみつくぷみっちょ。
子どもって気持ちがまっすぐでいいなぁ。

トイレのこと。

うんちの時は、もよおすと教えてくれるようになったぷみっちょ。
もちろんまだオムツにしちゃうこともあるけれど、
トイレにできることのほうが多いからいい感じ。
ただ尿のほうは全然、気にならないみたいで、
もう限界というまでオムツが濡れていれても、なんのその。
どうしたものやらと考えるこの頃のある日。
「ねぇねぇ、しっこー、しっこ」
おお、やっと教えてくれるようになったかー。
トイレで成功! 母感動~。
いやまて、なんで早朝の4時とか、5時だけなのかな?
昼間は全然教えてくれないのにさ。
ちょっと迷惑ー。

服にはうるさいんです

ぷみっちょは服の好みがちとうるさい。
朝のやりとり。

母「ぷみっちょー、今日はこの服でいい?」
ぷ「あだ!(嫌だ)」
母「じゃ、これはどう? かっこいいよー」
ぷ「あだよぉー(嫌だの別バージョン)」
 ※くり返し
母(なんでもかんでも嫌なんでないか? 怒)「じゃ、これは?」
ぷ「うん!」

と、どうやら着たい服はあるらしい。
そのつど気分によるみたいだけれど、
つなぎや、前がボタンになっている服が好きみたい。
困るのは、保育園に行くのにパジャマを選んだりするときだ。
多少、上下組み合わせが変なくらいなら
本人のきたいものでいいやとするが(やだけどー)、
パジャマはちょっと……ね?
冬に甚平さんを重ね着したことも。
どんな好み!?(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。