ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リングボーイ

ぷみっちょ、叔父ちゃん(私の弟)の結婚式でリングボーイを頼まれた。
結婚指輪を載せた小さなクッションを持って、叔父ちゃんとチャペルに入場し、
神父さまに渡すという大役! 
緊張すると舞い上がってしまうか、
不安で泣いてしまうぷみっちょには難しいと心配しつつも任せることに。

まずは控え室でリハーサル。
とにかくクッションを持って、叔父ちゃんと歩いてくれればいいと言われるが、
ぷみっちょは何が何やらわからない様子。
「やりたくない」とむくれている。
そりゃそうだ、チャペルでのリハーサルじゃないし、私ですらイメージが湧かないよ。
まぁ、そうも言ってられないので、
とりあえず今夢中で見ている水戸黄門を餌にして釣ってみることに。
私「弥七ならやるな」
ぷみっちょ「……!? えっ、弥七ならやるの?」
私「うん、やると思うよ」
ぷみっちょ「やる!」
単純な、いや失礼、純粋なぷみっちょ。
大好きな弥七がやるなら、やらないなんて選択肢はないのだ(笑)。
これで大丈夫と思ったら、次は胸につけてくれるという花を、
服に穴が開くから嫌だと言っている……。細かいことが気になるのね。
私「ぷみっちょ、つけたくないのかぁ。穴は大丈夫だと思うけど、嫌なら仕方がないね。しようがないから、ぷみっちょ弟につけちゃおうか? ぷみっちょがつけたくないんだもの、代わりにぷみっちょ弟つけてもらおうね~」
ぷみっちょ「……!? つける!」
弟ができるのに兄である自分ができないことない、
もしくは、弟にあげるのは嫌ってところかな。
はぁーやれやれと思ったのも束の間、
ぷみっちょ、リングをいじったり(リングが落ちた! おまけに指紋が…)、
クッションを鷲づかみにしたり(飾りの熊の手がブラブラしてるよ…)、
あろうことか投げつけて踏んづけようとまでしてる!(冷や汗) 
リハーサルでこれだから本番はどうなるのかしらんと、
なんだか落ち着かない気持ちになる私。

さて、本番。
クッションをそのまま持たせることに断念したらしいスタッフの方から渡された、
クッション入り籠を持って、あっさり入場していきました~。
できるじゃん、ぷみっちょ。
籠も無事に神父さまに渡したよ! とオット談。
私はぷみっちょを送り出すためチャペルの外に控えていたので、
勇姿を見られず残念でした。

後で「いやぁ、籠を投げちゃうんじゃないか、
あらぬ方向に走っていくんじゃないかと思ってハラハラしてたよ~。
でも無事立派にできて、ぷみっちょもなかなかやるよね」なんて母に話しかけたら、
「ぷみっちょ、ちゃんと渡せて偉かったよ~。籠を頭にかぶってたけどねー」
「!? かぶったの!?」「かぶってたよ(大笑)」だって。
まぁ、かぶったくらいですんでよかったよ……。
どうやらオットは、ぷみっちょ弟に気をとられ見逃したらしい。
二人にとってもきっといい思い出になるに違いないと思うことに。

スポンサーサイト

赤ちゃん返り

ぷみっちょ弟がやってきても、
ぷみっちょへの対応を変えないように意識したつもりだけど、
単純に考えると物理的な親の対応が半分に減っているわけで、
かなり、ぷみっちょにしわ寄せがいってしまっていたようです。
おまけに私はすぐにイライラしてしまって、
オットやぷみっちょに八つ当たり気味だったし。
当然ぷみっちょに影響して、
オシッコやウンチをもらしたり(トイレはできていたのに!)、
週1回のペースでメガネを壊したり……。
そうするとさらに、これがいけないと思いつつもイライラモード突入の私。
悪循環とはこのことですね。
ただこれは3か月くらい前で、
今はなんだったんだろうと思うくらいに治まり落ち着いてはいるんですが。
赤ちゃん返りというやつかもしれません。
ひとまず、やれやれ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。