ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違和感

ぷみっちょも4月から小学生。
近隣小学校の固定の支援学級に就学することになりました。
選んだ小学校は、なんども見学にいったし、体験もさせたし、先生たちや受け入れ体制、ぷみっちょの反応も好印象なんですが、胃がキュッとするような違和感を覚えることがあります。

それは支援学級の子どもだけが被る帽子(目立つ色)があるということ。休み時間や交流など通常学級の子どもたちと合流する場面で被ります。通常学級の子どもたちが帽子を被っていない場面でも。
学校に理由を聞いてみたところ、管理しやすいという安全面への配慮だそう。ほかの子どもたちはそれで差別的な行動をとることはないですからと学校。

なんで違和感があるんだろうと、いくつか思ったこと。
目印をつけられてしまうことで、障害児という枠組みに一括りにされてしまい、障害をもったぷみっちょという個人がなくなってしまっているのでは? ということ。
支援しやすく目印をつけることが当たり前だと先生も子どもたちも思っているということ。(子どもたちの場合は思っているというより、そういう環境に慣らされているって感じ!?)
ぷみっちょが自ら支援を求めて被るわけではないこと。
民族を特定するためにつけられた、あの有名な○○○の星を連想したこと。

人それぞれ違って個性のある存在とたいがいの人は理解しながらも、知的障害のある人たち、PWSの人たち、さまざまな「括り」をつくって画一的な見方をしてしまいがち。私としては、すでに「支援が必要なぷみっちょ」であるのだから、ほかの「括り」を極力設けずに見てほしい。支援しやすいからという名目で安易な方法を選ぶのではなく、ほかの方法を考えてほしい。

とはいっても、これは私の中の違和感。
障害をもつ子どものほかのママさんの中には、かえって理解してもらいやすいからいいという意見も。なるほど。

まぁ嫌ならほかの小学校にすればいいという話なんですが、一長一短でなんとも……。ただ小学校の先生には、できれば改善してほしいと伝えました。入学する前からどうかなとは思いましたが(モンスター?)、「お気持ちわかりました。これからも、お互い思いを伝えあっていきましょう」と好意的に捉えてくださったので、おいおいですね。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。