ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・摂食指導【1才3カ月】

※療育については、やったほうがいい、やってもそう変わらないなどからはじまって、もっと多くの、そしてさまざまな見解があると思います。以下は、ほんの一例、ご参考までに。

PWSの子は過食という症状が多く見られ、話すときの発音も悪いところがあると聞いたので、丸飲みせずによく噛んでゆっくり食べる、口の機能を上手に使うことをめざして、摂食指導を受けることにしました。1才3カ月のときに初めて摂食指導(言語聴覚士の方の個別指導)を受けて以来、1~2カ月に一度の割合で現在も指導してもらっています。次は、初めての摂食指導について。

●指導前の状況
1日3回食で、中期~後期の離乳食を全介助であげていました。しかし、軟らかく煮たカボチャでも水分の少ないものや、固いものは、オエオエして上手に食べられませんでした。食事についても積極的でなく、食べないことが悩みでしたので、栄養補給のため乳児用ミルクを500ml前後、哺乳瓶で飲ませていました(自分で哺乳瓶を持って飲んでいたので、あげるのは楽ちんでした)。食事の姿勢については、お座りが安定してきていたので、子ども用の椅子を使っていました。歯は、上の前歯2本、下の前歯4本。

●初指導の様子
まずは食事の様子をみてもらいました。食事内容は、全粥・軟らかく煮たカボチャ、卵豆腐など。ぷみっちょは、お粥を一口食べて次をなかなか食べず、またちょっと食べてはイヤイヤ食べたくないなどの繰り返し。そして、その様子を見た先生から、食形態が合っていないのでは? との指摘を早速受けました。お粥をミキサーでトロトロの初期状態にしてもらい再度チャレンジすると、途端にパクパク食べ始めました。やはり、食べにくかったのではないか、とのことでした。次に、私がコップで麦茶を飲ませたところ、流し込まずに本人がすするのを待ってとアドバイスされました。

●結果
・食形態は初期の離乳食に戻す。粒が残らないようにミキサーにかけて、なめらかにしたものを与え、まず口を閉じてゴックンすることを十分に練習する。ただ、食形態に多少の幅を持たせて、卵豆腐のような舌でつぶせるものをあげて様子を見てもよい。
・食事用スプーンは、アイスクリームスプーンのように平らなものを使い、唇で食事を取り込むように練習する。あごを引いて食べさせるために、下の方からスプーンを構える。
・水分をとらせる時は、レンゲやスプーンに水分を入れ、吸い取る(すする)ように促す。哺乳瓶の飲み方と、食事の摂り方とは違う方法のために混乱してしまいがちだから、哺乳瓶はやめる方向に持っていく。ストローはコップ飲みが上手にできてから使うようにする。
・一口分を噛みとる練習として、バナナ(形はそのままで、フォークで刺して軟らかくしたもの)や赤ちゃんせんべいをかじらせる。←これは、本人が嫌がったので、当時はほとんど実践できませんでした。

すべて指導のとおりにするのは難しいと思ったので、形態を初期に戻すなど、おおまかなところを実践しました。哺乳瓶はかなり後まで使っていたし、ストローも時々使ってました~。次回に続く(いつかは未定です)。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

感謝!

こういうの,アップして頂けるととても参考になって(もちろん,色々やり方も意見もあると思うけれど)本当にありがたいです.
さらにあとに続く子たちの為にもネ!!
ピカリンがまさに今,食事形態もミルクのあげ方も模索中(中期食は好きだけど時間がかかるしカロリーが取れない,ミルクは乳首を噛んじゃって哺乳瓶だとキツいけどコップだと溺れそう..とか)です.
いずれ解決したら,(記録の意味も込めて?)この場所にコメントさせてねーm(_ _)m.

dayday | URL | 2007年04月04日(Wed)14:50 [EDIT]


daydayさんへ

そういっていただけると私も嬉しい~。のんびり離乳食を進めていると思っていたのに、1才3カ月で初期からやり直しといわれたときはウヘッでした。ただ、まだ完了していないので、果たしてよかったのか悪かったのかまだわからないけれど、いろいろな例を知るのはいいよね? ぜひぜひピカリンのことも教えてね! そうそう、ミルク。スプーンであげるのも現実的じゃないしねー。いい方法があるといいんだけど。

みぃ | URL | 2007年04月04日(Wed)21:14 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。