ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おーさんといっしょ

私「ぷみっちょ、母さんお風呂入ってくるから父さんと一緒に寝ててね」

オット「ぷみっちょ、父さんと寝ようね~。父さんのほうが好きだから(決めつけ・笑)いいよね~」

ぷみっちょ「……。かあさん、かあさん、あとできてね。いっしょに、ねんねしようね」

オット「父さんがいるからいいでしょう~。父さんのほうが好きだよね~(しつこい・笑)」

ぷみっちょ「……。ねぇねぇ、かあさん、あとでね。ねっ!」

とはいうものの、ぷみっちょ、オットと一つ布団の中で仲良く寝ていました。
オットはいつも体がポカポカしているので、ぷみっちょ気持ちよく寝られるみたい。
「かあさん、こっち(僕の横ね)。おーさん、あっちいってー(父さんはとなりの布団ね)」と言われることがなくなったオットです。
日中も「さむい、さむいー。おーさーんー(父さん)」といっては、オットの懐にもぐり込んでるし。
有袋類のようなオットです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。