ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカルにでる

小学校の学習発表会を見にいってきました。
学芸会みたいなもので、学級ごとに歌や劇などを舞台に上がって発表します。
ぷみっちょたちは、支援学級だけでミュージカルをしました。
春にやった運動会では、すべての出し物を1年生のクラスに入ってやっていたので、
今度は別なのかぁと残念な気持ちもありましたが、
1ヵ月近くじっくりとていねいに指導してもらっただけあり、
想像をはるかに超えていて感動しました。
家でも練習をと言われ、台本を毎日持ち帰ってきているので、
ほかの人の台詞も覚えている子がほとんどだったそう。
ぷみっちょは、「今日は(音読)いいや。悪者と戦わないとならないからさ(なんじゃそりゃ)」と
不真面目だったけれどね。
まぁ台詞は、ほぼ毎日ある練習で覚えられたみたいでホッですが(苦笑)。

さて本番。
ぷみっちょはあがり症なので大丈夫かな? と見ているこちらが緊張。
本人いわく「全然、ドキドキしなかったよ~」。
確かにちゃんとできていました。
まぁ、同じ役が3人いたので、プレッシャーもそれほどではなかったのかも。
それにしても保育園の年少、年中さんくらいまでは、
緊張して号泣→先生に抱っこ、というパターンが多かったので、なんと成長したことか!
そんな小さな頃の話しないでと言われそうですが(笑)。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。