ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばかがピューッと

白い紙に罫線をひいて何やらやっているなと思ったら、担任の先生に手紙を書くのだそう。
わからないところは、ばあちゃんに聞きつつも、ほぼ一人で完成させたぷみっちょ。
ちゃんと書けていたので、
「思っていることを書くことができて本当にすごいね!
いつのまに、そんなにできるようになったの? びっくり~」というと・・・・・・。
「ぼくね、おばかが(頭から)ピューッと飛んで行っちゃったんだよ~♪」ですって。
痛いの痛いの飛んでけ~から発想したのか、身振りつきでやるので、
ぷみっちょの頭から、おばかがポワワワワンと飛んでいく様子が目に見えるようで、
おかしくて、おかしくて。
ぷみっちょとつきあっていると、飽きないです~。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。