ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り添ってあげたい

少しずつ以前のことをブログに書こうと、2005年の手帳をめくっている。
最初のころは、せっぱつまっていたよなぁと少し切なくなる。
「赤ちゃんががんばっているのに、お母さんががんばらないでどうするの?
いつまで泣いているの!(あたりはばからず、ずっと泣いてたから。)」と言われた。
おいおい、それは禁句だろう? とツッコミを入れたかったが、
当時の私には気力も余裕もウィットも? なかった。
赤ちゃんじゃなくて、私がかわいそうで、辛くて、悲しくて、心がしめつけられるように痛いんだよぉと。
たった2年しか経っていないけれど、今はもうそんなふうに思わない。
言い古されたことばだけれど、どんな傷でも必ず癒えるのがわかったから。
ただそっとあの頃の私に寄り添ってあげたい。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そーね。

そーね、。

障がい児を授かったもの、誰もが通る道なのかもね。。。
出来れば出会いたくなかった
出来れば知らないでいたかった
険しい道。

でも、今ではその道も、険しいとは思わない。
道端に咲く雑草にいやされたり
道程の景色を楽しんだり
出会ってよかったのかも!?とすら思えてくる。

これからいろんなことがイッパイあって
涙するときもあるかもしれないけど・・
同じ思いをわかってくれる仲間がいるから
きっとやっていけるよね!!?

末永く、、宜しくね~(^_-)-☆

SARA姫ママ | URL | 2007年03月28日(Wed)13:14 [EDIT]


SARA姫ママさんへ

そうそう、あっちの舗装された立派な道をスイスイいくつもりだったのに、なぜかクネクネと曲がった細い砂利道にきてしまった感じだったのです。
でも! 落ち着いてまわりを見まわすと、かわいらしい小さな花や、見たこともないような絶景に感動していたりする。
「あら大きな石があって通りにくいわね」といえば、誰かしらヨイショヨイショと手を貸してくれる。
悪い人生じゃないなぁと思う。
私もわかりあえる人がいれば、時間がかかってもいろいろなことを乗り越えていけるって信じています。
ふつつかな私ですが、末永くかわいがって? ください!

みぃ | URL | 2007年03月28日(Wed)22:15 [EDIT]


初めまして!!

うららさんのブログから飛んできました~!
コハルビヨリと言います。
6ヶ月のPWSの娘(ひかりといいます)の母です!私のブログにもリンク貼らせてくださ~いv-238
これからもぷみっちょくんの成長を楽しみに見させて頂きたいです!
良かったら私のブログにも遊びにきてくださいね☆
これからもよろしくお願いします!

コハルビヨリ | URL | 2007年03月28日(Wed)22:46 [EDIT]


わかるわぁ

その当時はいろんな人からいろんな言葉をもらったけど、当人はただただ慟哭するしかないんだよねぇ。
あんまり悲しいと心だけじゃなく身体も痛いんだって思ったっけ。(泣き過ぎで息ができなくなって)

でもそういう時期って必ず脱するよね。何がきっかけになるかは人それぞれだと思うけど。
まぁ取りあえず目の前の子どもを何とか育てていかなくちゃいけないわけだし、イヤでも強くなるってカンジかなぁ。

「あの頃の私」に寄り添うことが、今泣いている新しい誰かの心にも寄り添うことになるといいなと思うのよね。

suzu | URL | 2007年03月28日(Wed)23:12 [EDIT]


コハルビヨリさんへ

はじめまして~! コメントありがとうございます。うれしいです!
私もひかりちゃんの成長を楽しみにブログ遊びに行かせてくださいね。
リンクもぜひぜひ~。これからもどうぞよろしくお願いします!

みぃ | URL | 2007年03月30日(Fri)01:44 [EDIT]


suzuさんへ

うん、時期やきっかけはそれぞれでも必ず脱すると思う。ときおり傷跡が疼くときもあるだろうけどね。私もみんなのそんな気持ちが、違う誰かの心にたくさん届くといいなと思う。

みぃ | URL | 2007年03月30日(Fri)11:40 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。