ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知るということ

今日(2007年05月30日)の朝日新聞1面に、DNA構造発見者ワトソン博士のゲノム(DNAの全遺伝情報)が公開されるという記事があった。
息子2人のうち1人が精神疾患という博士の言葉を抜粋する。
 
「(病気の原因が遺伝子とわかると)子どもが何かをできないときに、怒るのではなく、手助けしたいと思うようになるなど、人々がより慈悲深くなるだろう」(朝日新聞記事より)

ぷみっちょは生まれて1カ月で15番遺伝子の欠失によるPWSと診断された。PWSだろうという憶測の類ではなく、科学的な根拠に基づいた覆すことのできない事実として……。必死で調べたPWSの症状も受け入れがたいものばかりだった。それでも、PWSとはっきりわかってよかった。前述の博士の言葉どおりと思うから。

話はちょっと変わるけど。
知るということは、時に辛いこともあるけれど、やはり大切なことだと思う。何かを知れば、その次を考えることができる。いらない情報であれば、捨てればいい。わからない情報は、わからないなぁとわかればいい。人は誰でもそれぞれの価値において、判断できるのだから。情報を操作されてしまうと、正しい(と信じられる)判断ができなくなると思うのだー。知らなければ始まらないしさ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も~!!

私も最初はつらかった。。

”疑い”とサラッと病名を告げられて2ヶ月。
検索で出てくる情報は過酷なものばかり。。。
今思えば、確定するまでのグレーの時期が一番つらかったなー。

知りたくないと思った様々な情報、
受け入れがたく、、、
うちは違ってほしいと望む揺れる心、
そして、ついにはすべての情報を拒否。。
など諸々を経て…
今は、、、やはり事実を知って”よかった”と確信してる。

姫のことは何でも知っていたい。
もし姫には今後でない症状だとしても、
可能性があることはすべて把握しておきたい。
そして出来ることなら、事前に準備(心の準備も含)しておきたい!!

情報は多ければ多いほどいい。
その中で自分がセレクトすればいい。
正しい眼や耳を持てるように、自身を磨いていけばいい。

と、、私も思う。
知らなきゃ始まらないもんねー、ホントホント。









SARA姫ママ | URL | 2007年06月04日(Mon)14:15 [EDIT]


SARA姫ママさんへ

SARA姫ママさんの知りたいパワーには、いつも触発されています~。「自身を磨く」いいですね♪ ぷみっちょにいろいろと機会をもらったので、ピッカピカになるぞー!

みぃ | URL | 2007年06月06日(Wed)22:08 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。