ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りの毛布

「ちゃーちゃん(母さん)! ちゃーちゃん!!」と顔をペシペシされて、明け方に叩き起こされた。
ぷみっちょの仕業だ。
起き上がると、ぷみっちょは半泣きで、ピクリともせず熟睡しているオットを指さして、何やら訴えている。
どうやら、ぷみっちょの毛布を枕がわりに畳んで使っているのが気に入らないらしい。
もとはといえば、ぷみっちょがオットの枕で寝てしまったからなんだけどね……。
「はいはい、毛布を返してほしいのね?」
「う…ん…」
毛布をガッと引き抜いて、ぷみっちょに渡す。
オットはまったく起きる気配なし。なんで私がー。
「じゃぁ、もうひと眠りしよう」と言うと、気がすんだぷみっちょはおとなしく横たわる。
毛布はそこいらへんにポイと置かれたまま……。
おーい、毛布使わないんかいっ!
ケチンボぷみっちょの一例でした(まだまだあるぞ)。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あるある

最近私のコメントがこれ(あるある、うちも~)ばっかりな気がするけど...笑)
バンビもヒトの物は自分のモノ、自分の物は自分だけのモノだったりするよー。うちではケチ野ケチ太郎とよばれてます。
それにしてもついに歩き始めたのね、ぷみっちょクン。歩き始めると早いのよー。楽しみだわぁ。

suzu | URL | 2007年06月06日(Wed)19:04 [EDIT]


suzuさんへ

自分の使っている物は貸してあげられないのに、人が使っている物にはガンガン手を出すので、見ているほうがドキドキします。でも親が手を出さないほうがいいよね? と悶々。はぁ、気疲れー。
ぷみっちょは歩く気はありそうなんだけれど、何せ体の軸がフラフラで酔っぱらいみたいなのだ。あんよは、なかなか目撃できないけど楽しみです~。

みぃ | URL | 2007年06月06日(Wed)22:24 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。