ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ指導

親子通園とは別に、療育施設のグループ指導にも今年度から参加している。
月2回で、子どもは7人前後のグループ。
まず体を使った遊びや音遊びなどをして、次に母たちのミーティング、最後に子どもたちの昼食で終わり。
親子通園と違う点は、保育士、音楽療法士、言語聴覚士、心理士、理学療法士、ケースワーカー、医師など、さまざまな専門の先生が関わってくれるところだろう。どんな小さな心配ごとでも親身に考えてくださろうとする姿勢が本当にありがたい。
また、毎回、家庭での様子(食事や生活リズム、遊び方、運動発達など)を書いて提出するのだけど、次のときにいろいろな先生のコメントつきで戻してくれる。そうとは知らなかったので感動~。昼食時は療育施設で出している給食の試食もある。すべてシェフ! の手作りで、素材を生かしたメニューがとってもおいしい。おまけにシェフもグループに顔を出してくれて、作り方や材料を教えてくれるなど、至れり尽くせりなのだ~。
隔月と回数が少ない点が非常に残念である。せめて週1回がいいなぁ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。