ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンパ

オットと私とぷみっちょの3人でファミレスに行ったときのこと。
私たちの席の近くにカップルが案内された。
女性は、二十歳前後で目鼻立ちのはっきりした美人さん。
興味をもったらしいぷみっちょは、すっくと立ち上がりソファ伝いにお姉さまめざしてジリジリと伝い歩きを始めたー。ついさっきまで、食べ終わってオットとまったりダラダラしていたのに、この変わりよう。隣とつながっている長いソファだったので、そのまま行けば彼氏にたどり着いてしまう!
と思ったら、止まった、やれやれ。
と思ったら! 彼女の気を引き始めた……。
ソファに立ったままもたれかかり、仰け反って頭をガラスにぶつけてみたり、「ンガー、ンゴー」と鼾の真似をしたりする。幼稚な気の引き方だわね……、ま、2才なんで。オットがぷみっちょを引き戻そうとしても、断固拒否。
彼女はそんなぷみっちょに気をつかってくれ、ニコニコと手をふってくれた(ありがとうございました)。
ぷみっちょ、うれしくてニコ~ッといい笑顔。よかったねぇ。
それにしても、彼氏と来ている女の子を堂々とナンパするとはー(彼氏は眼中ナシでした。スミマセン彼氏)。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。