ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷみっちょと一時保育

最近、ご無沙汰しています。
ぷみっちょの療育と私のやりたいことと、ほんのちょっとやっている仕事とで、気忙しい毎日を過ごしています。
忙しいときは、保育園の一時保育を利用して、ぷみっちょを預けているのだけど、最近、預けて私が帰ろうとすると、なんと泣くようになりました! 去年までは、預けられてもあまり嫌がるそぶりを見せず(それどころかオモチャがあって、お友だちがいて、嬉しそうだったような……)、母としては寂しかったので、泣くのを見ると切ないけれどニンマリしてしまいます。そして、お迎えにいくと、また号泣して抱きついてきます。「なんでボクをおいてっちゃったのー!(怒)」という感じなのかな!? 保育園の先生いわく、私が行ってしまうと5分ほどで泣きやんで、私が迎えに行くまで楽しそうに遊んでいるそうなのだけど。
こんな話しを療育の先生に話したら、「見通しができるようになったのかもね」とのことで、なるほどねと思いました。保育園に連れてこられて預けられるということは、一応、いちばん世話を焼いてくれる(大好きな!?)私がしばしいなくなってしまうんだと、わかるようになったのかもしれないですね。自分にいいように解釈していますが。
週に1~2回の数時間だけど(たまに長時間もあるけど)、ぷみっちょには試練なのかな!? まぁ、もう来年は年少さんなので、少しずつ母子分離と思って続けるつもりです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。