ちいさなぷみっちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱性けいれん

みるみる間にぷみっちょの体が熱くなったぞ!? と思っていたら、ビクッ。
ん? 何? と思ったら、ビクビクッ、ビクビクビク……と、ぷみっちょが体をひきつらせ始めた。ただグットタイミング(?)なことに病院で診察中だったため、すぐさま先生に診てもらえたのであわてずに済んだ。
発熱時に起こったもので、時間も3分程度で、手足なども左右対称にけいれんしていたことから、心配なものではないでしょうとのことでよかったー。
けいれんが起きたら、どのくらい続いたか、どんな様子のけいれんかなど、あわてずに観察することだそうです。ゆすったり、口に何かはさんだりなどはしないようにとのことでした。
それにしても、朝から、ちと静かだなとは思っていたが(熱はなかった)、検査のためにいった病院だったので、プチ具合が悪い分にはちょうどいいわなんて思っていた私がいけなかった。
ごめんよ、ぷみっちょ。
でも、けいれん後、けいれん予防の座薬「ダイアップ」を処方されしばらく寝てくれたので、CTと骨密度はばっちり検査してもらいました……(鬼母?)。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。